こんにちわ
カイジです^^


今回は、巷で腐るほど言われている

情報商材って怪しい
情報商材ってほとんど詐欺でしょ


という評判について、考察してみたいと思います。

情報商材ってそもそも何?



まず、情報商材というのが何かというのを
はっきりとしておきたいと思います。


情報商材というのは、Wikipediaでは
以下のように定義されています。

情報商材(じょうほうしょうざい)とは、主にインターネットなどを介して売買される情報のこと。「情報」の内容自体が商品となるものである。


要するにインターネットを介して、売買される
情報全般を指して、情報商材と呼ばれているわけです。


こう定義すると、情報商材というものの範囲は
かなり広く、例えば「ゴルフの練習方法」、
「筋トレ」「ダイエット」などに関する教本なども
情報商材になるわけですね。


これって、例えば本屋さんに行けば
いくらでも販売されているわけです。


では、なぜインターネットで売買されるものが
こんなにも怪しいとか詐欺だっていわれるのか
ということです。



みなさんが、例えば
「○○ダイエットで1か月でウエストマイナス10cm」
とかいう題名の本を買ったとしましょう。


実際、それを購入して実際はダイエット
出来なかったとして、詐欺だ!ってなりますか?


「時短仕事法!メモの取り方で毎日定時で
仕事を終える効率仕事法!」
を購入して、帰れなかったら詐欺っていいますか?


多分、そんな人って多くないと思います。


じゃあ、なんでネット上で情報商材、
こと、ネットビジネスノウハウ、いわゆる
稼げる系情報商材はこんなにも怪しいだの
詐欺だのっていう意見があふれているのかって話です。


これには、いくつか理由があるので
整理していきます。

購入するまで情報が見えない




情報商材は、基本的に購入するまで
その内容は確認できないものがほとんどです。


そして、ほとんどの情報商材が
ランディングページと呼ばれるWeb上の媒体で
その商材の特徴などを紹介する形で販売されています。


消費者としては、ランディングページから、
内容を推測、評価して購入するかどうかを
決定するわけです。



もちろん、情報商材がどういうものかを
少し知っている方であれば、それに加えて
アフィリエイターと呼ばれる情報商材を販売している方の
レビューなどを参考に購入を決めたりします。


いずれにせよ、購入する際には販売者若しくは、
販売者に近い第3者の意見をもとに、自分で判断して
購入を決める必要があるわけです。


ここが、通常の書籍などの情報販売とは
決定的に違う理由であり、怪しいだの詐欺だのと
言われてしまう原因の一つになっています。



通常の書籍の場合は、本屋さんなどで
実際に書籍の中身をある程度確認してから
購入することが可能ですよね。


ということは、ある程度掲載されている情報の質や
内容に納得して購入しているわけです。


ですが、情報商材の場合は内容が確認できず、
LPなど販売するために書かれたセールス文書のみで
購入を決断することになるので、ユーザーごとに
内容に期待するものは違ってくるわけです。


ですから、購入した内容が、自分の想像と
違った形であった場合に、騙された!って思うわけです。


販売価格が高額




情報商材の多くが、数万円から高いものだと
数十万円、100万円するものまであります。


一般の書籍であれば、ある程度ボリュームがあっても
数千円程度ですから、いかに情報商材が高額なのかは
分かっていただけると思います。


これが、情報商材が詐欺だといわれる
二つめの理由です。


情報商材という市場では、価格相場というものが
明確には存在しません。


これも、情報商材の特性である
内容が分からないうちに購入しないといけないということが
関係しています。


特に稼げる系の情報商材については、
月10万円、50万円、100万円とかいうレベルで
稼げる情報だというセールスがされている場合が多いですよね。


そうなると、それだけの情報を得るには
ある程度の価格を出さないとそんな情報は
公開されないだろうという心理が働きます。


それが、安かろう悪かろうという心理につながるので、
高いものでも売れていく現状があります。


要するに、消費者側としては、
ノウハウに対する価格を検討しているのではなく、
その購入により得られる結果で価格を査定しているんです。



月100万円の収入を得て、脱サラする自分、
モデルのような体系を手に入れてモテまくる自分、
ゴルフがプロ並みにうまくなって、満足感を得る自分、
そういった将来の満足を得られる結果を想像し、
それに対する対価を査定しています。


で、上記のような人って自分の周りに
そうそういるものじゃないですよね?


で、あればそれなりに高額になるのは
仕方ないよなって思う人が大半だということです。


ですが、実際はその商材を購入した人の全てが
そのような結果を得られるわけではありません。


そりゃそうですよね。


これを勉強したら東大に入れるっていう
参考書があったとしても、
それを最後まで全員がやり切れないわけです。


そうすると、結果が伴わないので、
結果を期待して購入した人からすると、
「詐欺だ」って話に変わるわけです。


内容が伴っていないものがある




3つめは、情報商材、特に稼ぐ系に
多く見られる理由です。


無料オファーとか、高額塾と呼ばれる
稼げる系の情報商材の中には、

100%稼げる!

あなたがやるのはたった3クリックで50万円!

みたいな煽り文句で、煽りに煽って
販売するスタイルのものが多くみられる。


で、その内容は販売価格に見合わないような
低レベルな情報が載っているだけだったり、
販売時の情報とは似ても似つかない内容だったり
することが多いわけです。


稼げるどころか、損失を出してしまうケースも
中には存在します。



こういった一部の不誠実な販売者の
イメージが多くネット上に拡散されているんですね。


こういった情報を目にしたユーザーは、
情報商材はいつのまにか、

情報商材自体を販売者が消費者をだまして稼ぐための手段だ!

みたいなイメージを持ってしまい、
怪しい!とか、詐欺だ!というイメージに
つながっているわけです。

購入者側の意識の問題




最後は、購入者側の意識の問題です。


これは先ほど記載した、
『消費者は結果を購入する』
というものとつながっています。


どういうことかというと、購入者は
その商材、つまり情報を手に入れられれば
それほど多くの努力なく自分が思い描いた結果が
手に入るものだと思いがちです。



ですが、どんな情報商材かにかかわらず
その多くは、結果を手に入れるための
ノウハウでしかないわけです。


ネット上でもよく言われることですが、
あくまで情報商材は参考書です。


先ほど記載した通り、東大に受かる参考書を
手に入れられたとしても、やらなければ
当然合格はしないわけです。


参考書であれば、そこに乗っているのは
あくまで東大に合格するのに必要な知識や
問題を解く技術ですよね。


それを忘れて、手に入れるだけで
実現すると考えてしまうので、いざ実現しなかったときに
詐欺だ!という思考になるわけです。



その商材を身につけるのに必要な努力が
出来ていないにも関わらずです。


こういう思考になってしまう要因として、
購入者をあおるキャッチコピーが刺激的なことや、
事前に内容、難易度等が確認できないことなども
関連しているということも言えますが、
何よりも購入者自身の心構えのようなものが、
実現を妨げているという側面も多くあるんです。

結局は購入者次第




ここまでご説明したように、情報商材というものは
その性質から、結局は購入者次第で、
優良にも詐欺?にもなりうるってことです。


確かに、いわゆる詐欺商材と言われる
中身の伴っていないものもあることは事実で
そういったものは論外です。


ですが多くの場合は、情報商材に対しての
期待値や購入者本人の姿勢が大きく影響している
ということを認識しておくべきです。


稼ぎ系の情報商材でも、優良なものを
しっかりと選ぶことができれば、ちゃんと
稼げるだけのノウハウが詰まったものは多く存在します。



ですが、それらは参考書であり、
マニュアルであり、知識です。


それらを使って、自分が何を作るか
どうやって稼ぐかというのは、購入者次第です。


ネットビジネスは多くの場合、
スタートアップ段階では、報酬が発生しない中、
黙々と作業をしていかなければならない期間が
必ず存在します。


それらの期間を乗り越え、
努力を継続していける人だけが、
商材の力を最大限発揮できるのです。



ネットビジネスは、先ほどから紹介している
内容の伴わない商材などにより、

ワンクリックで稼げるんでしょ?

が植え付けられていることも相まって、
楽して稼げる代表格のようなイメージを持つ方も
多くいらっしゃいます。


ですが、ネットビジネスと言えど、ビジネスです。


ビジネスというのは、提供される価値に対して
価値が付いた結果、報酬となるものです。


何かをコピペしたり、クリックするだけの作業が
誰かにとって、何十万円という価値になるわけが
ありません。


はじめっから最後まで、楽に稼げるというのは、
幻想でしかありません。



こういった当たり前のことを前提として、
情報商材をどう自分の価値へ置き換えるか?


これを考え、努力できる人が稼ぐという
ゴールにたどり着けます。


こういうと、かなり難しそうな気がしますが、
みなさんも同じことを仕事やアルバイト、家事の中で
やっているくらい普通のことです。


新たな知識、手法、考え方を学び、
実践の中でやっていくことで自分のものにする。


仕事であれば、はじめは先輩の後ろについていく
だけだったのに、自社の商品を覚え、そのセールスポイントを
学んでいくことで、自分ひとりでお客さんに販売し
結果を出せるようになります。


こういった当たり前のレベルのことを
情報商材の世界でも要求されているだけのことです。


しかも、会社で一番の営業成績を残すには、
半端ない努力と、もしかしたらたぐいまれな才能が
必要になるかもしれません。


ですが、ネットビジネスの世界においては、
それに比べれば努力といって、たった数ヶ月の
真剣な努力と、ネットサーフィンができるだけの
パソコンスキルがあれば、可能です。


月に30万円、50万円レベルの報酬であれば
誰にでも到達できるものです。


あなたはどちらを選びますか?


みなさんには、情報商材に対して
良くも悪くも正しい知識を持って、
せっかくの投資を無駄にしないように
していただきたいと思います。


これからネットビジネスに取り組もうとしている
方は、是非以下の記事も参考にしてみてください。

ネットビジネス初心者がまず生活費を稼ぐ方法

ネットビジネス成功者の共通点


以上、カイジでした^^

PS.

ネットビジネスに役立つ情報を
ブログで話せないことまで
メルマガで配信しています。


今なら、20000字に及ぶ
ネットビジネスマニュアルプレゼント中!!


↓↓↓


~ネットビジネスに取り組みたい方へ~


数年前に比べ情報商材の完成度は
比較的高まっていますが、
それでも詐欺にちかい商材も
まだまだ存在しています。
僕も過去に詐欺のような商材をたくさん掴み、
そのたび泣き寝入りしていました。


もちろん最適な環境とは詐欺商材が
減ることだと私も考えていますが、
さらにその上の考え方として
詐欺商材を掴まないことが一番と思っています。


そこで僕は優良と言える教材を
相談してくれた方だけに、
ご紹介させていただきますので
下記のテンプレートアンケートを埋めご連絡ください。


・気になる商材
・気になるネットビジネス
・過去の失敗した商材や購入した商材
・一日の作業時間
・ご希望の平均月収
・教材購入の費用


もう、あなたには稼げない商材など
掴まないということをお約束させていただきます。

カイジに相談の連絡をする。